協会けんぽ健診

協会けんぽ(全国健康保険協会)加入者に限りご受診ができる健診です。

年度内に、お一人様1回に限りご受診ができる健診です。

エヌ・エスクリニックの協会けんぽ健診

協会けんぽ一般健診

一般に行われている健診内容となっております。標準的な健診項目が揃っていますので、この健診をお受けになれば、把握しておくべき健康状態が十分によくわかります。なお、この健診は、35歳~74歳の「本人」(被保険者)のみが受診できます。

協会けんぽ(全国健康保険協会)加入者に限り受診できます。

項目 内容
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
診察 問診(既往症・自覚症状等)・胸部診察
生理学的検査 血圧・心電図・視力・聴力
尿検査 蛋白・糖・潜血
血液検査 白血球・赤血球・血色素・ヘマトクリット・AST(GOT)・ALT(GPT)・ALP・γ-GTP・総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪・空腹時血糖・クレアチニン・e-GFR・尿酸
X線検査 胸部X線撮影・胃透視(バリウムの検査です)
便検査 便潜血2回法(二日分の便を採取していただきます)
自己負担金 7,169円(税込)
ご予約・お問い合わせ

お電話受付時間

月・火・水・金
9:00~17:00
木・土(第2・4)
9:00~12:00

休診:土(第1・3・5)・日・祝

協会けんぽ一般健診と同時受診できる健診

協会けんぽ一般健診と同時にご受診できる健診は、以下の通りです。

  • 付加健診
  • 子宮頸がん検診
  • 乳がん検診
  • 肝炎ウィルス検査
  • 差額ドック(当施設オリジナル)

協会けんぽ(全国健康保険協会)加入者に限り受診できます。

付加健診

40歳、50歳ぴったりの「本人」(被保険者)のみ、一般健診と同時に受診できます。眼底撮影をはじめ、区切りのよいこれらの年齢に、追加して調べておきたい検査項目が揃っております。ぜひ「付加」してお受けになることをお勧めいたします。

項目 内容
生理学的検査 眼底撮影・肺機能検査
尿検査 沈渣
血液検査 血小板・総蛋白・アルブミン・LDH・総ビリルビン・血清アミラーゼ・好塩基球・好酸球・好中球・リンパ球・単球・桿状核球・分葉核球
超音波検査 腹部エコー
自己負担金 4,802円(税込)
※一般健診7,169円(税込)にプラスする金額となります。

子宮頸がん検診

子宮頸がんの罹患数は、子宮がん全体の70~80%を占めており、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めています。女性には、一般健診と同時にぜひ受診してほしいところです。36歳~74歳の偶数年齢の「本人」(被保険者)のみ受診できます。

項目 内容
婦人科検査 問診・子宮頸部細胞診
自己負担金 1,039円(税込)
※一般健診7,169円(税込)にプラスする金額となります。
子宮がん検診を受けられる方へ

診察の後出血をすることがありますので、生理用ナプキンをご持参ください。

乳がん検診

女性のがんの中でいちばん罹患数の多いのが、乳がんです。乳がんは40代の比較的若い層の女性にも多く見られるので、40歳になったら、ぜひ受診してほしいところです。40歳~74歳の偶数年齢の「本人」(被保険者)のみ一般健診と同時に受診できます。

項目 内容
検査内容 問診・マンモグラフィ
自己負担金 乳がん検診 50歳以上 1,086円(税込)
乳がん検診 40歳~48歳 1,686円(税込)
※一般健診7,169円(税込)にプラスする金額となります。

肝炎ウィルス検査

35歳~74歳の「本人」(被保険者)のみ一般健診と同時に受診できます。ウィルス肝炎は感染を知らずに放置しておくと、肝硬変や肝がんへと進行することも少なくありません。しかし、早期に発見して上手に医学管理をすれば、そうした事態も避けられます。ぜひ一度、受けておいてほしい検査です。

過去にC型肝炎ウィルス検査をご受診された方は除きます。

項目 内容
血液検査 HCV抗体検査・HBs抗原検査
自己負担金 624円(税込)
※一般健診7,169円(税込)にプラスする金額となります。

差額ドック(当施設オリジナル)

付加健診とは違い、差額ドックは自費健診なので、「本人」(被保険者)のみ、一般健診と同時に受診できます。眼底撮影をはじめ、追加して調べておきたい検査項目が揃っております。ぜひ、この機会にお受けになることをお勧めいたします。

項目 内容
生理学的検査 眼底撮影・肺機能検査
尿検査 沈渣
血液検査 血小板・総蛋白・アルブミン・LDH・総ビリルビン・血清アミラーゼ・好塩基球・好酸球・好中球・リンパ球・単球・桿状核球・分葉核球・HbA1c・MCV・MCHC・MCH・RPR・TPHA・HBs抗原・HCV抗体
超音波検査 腹部エコー
自己負担金 11,880円(税込)
※一般健診7,169円(税込)にプラスする金額となります。
ご予約・お問い合わせ

お電話受付時間

月・火・水・金
9:00~17:00
木・土(第2・4)
9:00~12:00

休診:土(第1・3・5)・日・祝

子宮頸がん検診単独

子宮頸がんは定期検診によって、がんになる前の状態(前がん病変)を発見でき、がんになる前の治療も可能です。このがんは比較的若い女性に多く、20代の発症も少なくありませんので、若い女性の受診もたいへん有意義です。20歳~38歳の偶数年齢の「本人」(被保険者)のみ受診できます。

協会けんぽ(全国健康保険協会)加入者に限り受診できます。

項目 内容
婦人科検査 問診・子宮頸部細胞診
自己負担金 1,039円(税込)
子宮がん検診を受けられる方へ

診察の後出血をすることがありますので、生理用ナプキンをご持参ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話受付時間

月・火・水・金
9:00~17:00
木・土(第2・4)
9:00~12:00

休診:土(第1・3・5)・日・祝

若年層健診(当施設オリジナルコース)

若年層健診は、35歳未満や、「本人」(被保険者)以外の方等がご受診できる当施設オリジナルの健診コースです。

協会けんぽ(全国健康保険協会)加入者に限り受診できます。

若年層健診

協会けんぽ一般健診から胃と便の検査を抜いた健診です。胃透視や便潜血の健診は35歳未満の若年層には義務づけられていないため、この検査を省きました。それだけに受診者の負担が軽く、気軽に受けられます。

35歳未満や、「本人」(被保険者)以外の方等が受診できます。

項目 内容
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
診察 問診(既往症・自覚症状等)・胸部診察
生理学的検査 血圧・心電図・視力・聴力
尿検査 蛋白・糖・潜血
血液検査 白血球・赤血球・血色素・ヘマトクリット・AST(GOT)・ALT(GPT)・ALP・γ-GTP・総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪・空腹時血糖・クレアチニン・e-GFR・尿酸
X線検査 胸部X線撮影
自己負担金 9,900円(税込)

オプション検査

項目 価格
【若年】便潜血検査 1,100円(税込)
【若年】胃部X線検査 8,800円(税込)
【若年】胃部内視鏡検査 14,300円(税込)
ご予約・お問い合わせ

お電話受付時間

月・火・水・金
9:00~17:00
木・土(第2・4)
9:00~12:00

休診:土(第1・3・5)・日・祝